MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

加齢臭の元凶「ノネナール」をしっかり対策

加齢とともに発生する親父臭こと「加齢臭」
「パパ、臭い!」「〇〇臭いよね・・・」など家族や会社の仲間から非難を浴びる前にぜひ対策を講じたいところ。

 

加齢臭対策では「原因物質の抑制」することが効果的です。

 

加齢臭の原因には「ノネナール」が深くかかわっているといわれています。

 

ご存知の方も多いでしょうが、対策の前にいまいちど「ノネナール」について解説します。

ノネナール」とは

加齢臭の名付け親でもある資生堂が1997に原因物質である「ノネナール」を発見。後に2001年にJournal of Investigative Dermatologyにて論文が発表した。これによると皮脂の成分は加齢によりヘキサデセン酸が増加。ヘキサデセン酸が過酸化脂質や皮膚常在菌などによって酸化することでノネナールが発生し、「加齢臭」となる。ちなみに男女ともにノネナールは発生するが、皮脂分泌量が多い男性のほうがにおいはきつい。また夏場に加齢臭が増加するのは、皮脂が増加するこおによりノネナールが多く発生するからである。

参考サイト:Journal of Investigative Dermatology

 

ではどういった加齢臭対策を講じれば、憎きノネナールの発生を抑制・予防できるのか?

 

そこで当サイトでは加齢臭の元凶「ノネナール対策」の方法をまとめました。

 

加齢臭対策や予防方法をお探しの方は参考にしてみてください♪

 

加齢臭の元凶「ノネナール」対策に効果的とされる成分「アスタキサンチン」を取り入れる

2010年に富士化学工業がアスタキサンチンにはノネナール抑制効果があることを発表しました。

<実験内容と結果>
人工皮脂を酸化させることによって加齢臭を発生させ、香気成分を分析しました。無添加群や、ビタミンE群ではノネナールが検出されたことに対し、アスタキサンチンではノネナールは検出されず、官能検査でも同等の結果を得ました。

引用:アスタキサンチンに加齢臭抑制効果

 

アスタキサンチン、女性の間ではシミやくすみの対策いわゆる「美白」成分として有名な成分。
そして強力な抗酸化作用をもっている成分です。
この抗酸化作用にノネナールを抑制するパワーがあるわけです!

 

そんなノネナール対策にはもってこいのアスタキサンチンは、「赤い魚介類や甲殻類」が多く含んでいいます。

 

具体的にはエビ・カニといった甲殻類、魚介類ではサケやマスの身、タイやコイの表皮などがあげられます。

 

ただアスタキサンチンを含む食品をみてもわかる通り、なかなか毎日継続的に摂取するとなると難しい食品が多い。
※もっとも手軽に摂取できるサケであっても100gあたり2.5〜3.7

 

甲殻類に至っては「プリン体」を多く含む食品ですから、加齢臭が気になりだした年代の男性には「痛風」がちょっと気になるところでもあります。

 

ですからアスタキサンチンを摂取する場合「サプリメント」がもっとも手軽ではないかと思います。

加齢臭対策にオススメなアスタキサンチンサプリ「アスタブライト」

アスタブライト

公式HP:http://www.naturath.info/asutalp/

商品名

アスタブライト

定期購入

初回1,834円

(2回以降3,982円)

通常購入

4,908円

 

千代田製薬から発売されているアスタブライトは加齢臭対策として大変優秀なサプリです。

 

アスタキサンチンが8.1g(3粒)と大変多く配合されていますから、ノネナールの抑制にはもってこいといっていいでしょう。

 

そしてこのアスタブライトはノネナール対策だけにとどまらず「ペラルゴン酸」としても効果を期待できるのが素晴らしいところ。

ペラルゴン酸とは

ペラルゴン酸は2008年にライオンビューティケア研究所が発表した加齢臭要因の成分。ノネナールが40代以降からはじまる加齢臭の原因とされるのに対して、ペラルゴン酸は30代からはじまる「ミドル加齢臭」の原因とされている。ペラルゴン酸もノネナール発生原因のひとつである「皮脂の酸化」が関係しており、胸や背中などの体幹や脇などから「使い古した食用油に似た独特の臭い」が発生するのが特徴である。

参考サイト:ライオン

 

ライオンによるとこのペラルゴン酸の抑制には「ポリフェノール」が効果的とのこと。
※ポリフェノールは体内の酸化を防ぐためノネナール対策にも効果があると言われています

 

そしてアスタブライトにはポリフェノールの含有量が大変豊富なマキベリーが使用されています。

 

ですからノネナール対策に加え、ペラルゴン酸にもアプローチできるので加齢臭対策サプリとして大変オススメです。

加齢臭元のノネナールを作る原因の「皮脂」をしっかり洗い流す入浴時の臭い対策

ノナネール対策で重要なことのひとつに体を清潔に保ち、ノネナールを生成する皮脂を入浴やシャワーでしっかり洗い流しておくことがあげられます。

 

皮脂の分泌は18時から24時にかけてピークを迎えます。
ですから寝る前に入浴、朝起きてシャワーを浴びておくだけでも加齢臭対策としては効果抜群です。

 

入浴・シャワー時には、皮脂の分泌が多い上半身は入念に洗っておきましょう。

 

また体を洗う際に、デオドラント石鹸やボディソープを使い消臭対策を行うのもとても有効です。

加齢臭対策に特化したおすすめ入浴時ケア商品2選

マージェンス

加齢臭対策部|ノネナールを抑制する5つのポイント

公式HP:http://net.pola.co.jp/beauty/products/campaign/mens/mergence1111/index.html

商品名

マージェンス

(クイックシャワージェル)

商品金額

2,700円

 

化粧品メーカーのPOLA社が発売している男性向けデオドラントシリーズの「マージェンス」

 

30代以上の男性に向けた商品となっており「フレグランスケアラインナップ」「スキンケアラインナップ」の2種類があります。

 

加齢臭対策は「フレグランスケア」
入浴時の消臭ケア用品は、「クイックシャワージェル」

 

クイックシャワージェル消臭方法はフランスの香料メーカーの特許技術を採用しており、体臭とクイックシャワージェルの香料を結合させることで加齢臭をかき消すというものです。

 

効果的な使用方法は、まずボディソープで一通り体を洗った後、上半身の中でも「首」「背中」「耳の裏」「ワキ」などの特に加齢臭が発生しやすい部分に、クイックシャワージェルを手にとり刷り込むように洗っていきます。

 

一通り、洗った後は流すだけ。これで清涼感あふれるシトラスの香りで加齢臭を包み込みます。

 

値段も割と安価で、体を洗うわけではないのでコストパフォーマンスはいいとおもいます。

 

颯香力(そうこうりょく)

公式;http://www.bh-sato.co.jp/bhsato/campaign/soukouryoku4/

商品名

颯香力(そうこうりょく)

通常購入

(3個入り)5,832円

定期購入

(3個入り)4,957円

 

ユンケルでおなじみの佐藤製薬が体臭・加齢臭ケアとして開発したデオドラント石鹸「颯香力(そうこうりょく)」

 

颯香力は消臭効果の高い「柿タンニン」と、抗酸化作用の高い「ポリフェノール」が配合されています。

 

ポリフェノールは前述した通り、加齢臭の元凶である「ノネナール」「ペラルゴン酸」に効果があるとされる成分です。

 

使用方法はマージェンス同様に、体を一度洗った後においが気になる部分を颯香力で二度洗いしていくのがいいでしょう。

 

製造元の佐藤製薬によると、「颯香力はノネナールを95%抑える」そうなのでノネナール対策にはとてもオススメの商品ではないかと思います。

 

定期購入と通常購入の価格はさほど変わりませんので、まず通常購入で使用感を試してみてみてはいかがでしょうか?

外出時はしっかり皮脂対策を行い「加齢臭」を防ぐ

一番加齢臭が気になるのはどんな時でしょうか?

 

多くの方は「外出時」ににおいを気にするのではないかと思います。

 

加齢臭は皮脂内のヘキサデセン酸が酸化することでノネナールが発せられおこります。

 

皮脂は「夏場」をはじめ、ストレスや睡眠不足でも増加する傾向にあり、皮脂が増えればそれだけノネナールも増加するわけですから、加齢臭はきつくなります。
また皮脂が発生する皮脂腺は毛穴にあり、おなじように毛穴の中にある「アポクリン汗腺」からでる汗と混ざりあうとそのにおいは強烈です。

人間にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の二種類の汗腺があります。エクリン汗腺から発生する汗は成分がほぼ水分なのでにおいはしません。アポクリン汗腺は毛穴の奥に存在し、こちらの汗にはにおいがあります。皮脂腺もアポクリン汗腺同様に毛穴の奥に存在し、皮脂とアポクリン汗腺からでる汗がまじりあうと強烈なにおいを発します。

自宅にいれば、すぐにシャワーでも浴びれば皮脂は洗い流せますが、外出時にはそういうわけにもいきませんよね。

 

加齢臭で、職場の人間や知人などに「くさい」イメージを植え付けてしまっては最悪です。

 

ですから外出時の皮脂対策、デオドラント対策をしっかりおこなっておく必要があります。

 

そこで今回は「外出時にバッグに入れておきたいノネナール対策アイテム」をご紹介します。

 

外出時にバッグに入れておきたい加齢臭対策アイテム2選

ボディシートは必須です。デオドラント商品をつける前に体を拭いておくと効果は全然違ってきます。ボディーシートはコンビニに売っているものでもいいですが、夏場など特に使用頻度が高いため100円ショップや業務用スーパーなどでまとめ買いしておくことをおすすめします。

 

マージェンス

公式HP:http://net.pola.co.jp/beauty/products/campaign/mens/mergence1111/index.html

商品名

マージェンス

(ボディミスト)

商品金額

2,700円

「入浴時の臭いケア」でも紹介したPOLA社のマージェンスシリーズ。

 

持ち運びを考えれば「オードトワレ」がベストですが、5,400円の価格の容量50mlはちょっとコスパが悪い。

 

そこでちょっとかさばりますがボディミストをおすすめします。

 

ボディミストはスプレータイプですから、外出時で使う際にはちょっと手間ですが、一度手に吹き付け体にすり込むように使うと楽です。

 

クイックシャワージェル同様に香りの持続力はかなり高いです。

 

保湿成分も配合されていますから乾燥肌の人には特におすすめです。

 

ネオテクト

加齢臭対策部|ノネナールを抑制する5つのポイント

公式HP:http://neotect.net/

商品名

ネオテクト

(マイクロデオドラントクリーム)

初回購入

3,990円

2回目以降

7,980円

 

ネオテクトのマイクロデオドラントクリームは消臭効果でいえば、一番ではないでしょうか?

 

試験データによれば、99.999%殺菌を除去することが証明されています。

 

「香り」というよりにおいの根源を抑えるので、いい香りがするわけではなく無臭に近い状態になります。

 

仕様の際には必ず、ボディーシートなどで肌を拭いてあげましょう。

 

価格が初回3,980円、二回目7,980円と割高ですが、クリームタイプのため持ちがよく、持続力にも大変優れています。

衣類や寝具についた加齢臭対策におすすめの洗濯方法

残留加齢臭というものをご存じでしょうか?

 

これはノネナールを含んだ皮脂が着ていた洋服や枕カバーなどに付着してにおいが移ってしまうことをいいます。

 

ノネナールを含んだ皮脂は繊維と繊維の間に入りこむため、洗濯してもにおいが落ちにくいことがしばしば。

 

またひどい場合には、においだけでなく「皮脂シミ」とよばれている頑固なシミになってしまうことも。

 

衣類についたノネナールを落とす方法もまたノネナール対策のひとつ。

 

ですからこのノネナールを効果的に落とす3つの方法をご紹介します。

 

自分で洗濯している方も実践、奥さんや彼女が洗濯してくれている方もぜひ教えてあげてください。

 

重曹を使う

酸性のノエナールとアルカリ性の重曹を中和させることで衣類についたにおいを消すことができます。
重曹はキメの細かい工業用のものを使用したほうが効果的です。

 

※洗濯機によっては重曹の使用を禁止しているものもありますので、一度確認してみましょう。

 

使い方はとても簡単です。

 

@2リットルのぬるま湯(30℃程度)に対して大さじ1杯の重曹を入れます。
A臭いのついた衣類を30分ほどつけておく
Bつけた衣類を洗濯機で洗う。

 

重曹を使う際はゴム手袋を忘れずに。

酵素用漂白剤を使う

漂白剤を使うのもノエナールがしみついた衣類や枕カバーの洗濯には効果的。

 

塩素漂白剤より色落ちの心配がない酵素用の漂白剤を使うのがいいでしょう。

 

またしつこい皮脂シミには、重曹1酵素用漂白剤1の割合でペーストを作り、使い古しの歯磨きなどでシミに叩きこむ汚れを落とし洗濯機に入れるとキレイになります。

体臭に特化した洗剤を使う

洗剤の中には「加齢臭」対策に特化した洗剤や洗濯補助剤などがあります。

 

こういったものを使うことも一つの手。

 

ノネナールをはじめ加齢臭成分や皮脂などの汚れの除去のために開発されていますので、効果は◎です。

 

加齢臭対策におすすめの洗剤&洗濯補助剤

スーパーNANOX

公式サイト:http://top.lion.co.jp/products/nanox/

商品名

スーパーNANOX(ナノックス)

代金

(3個入り)410円

用途

洗剤

嵐の二宮君のCMでもおなじみのナノックス。

 

ライオンが開発した新成分「LO」が繊維の間入り込み汚れなどを浮かせ、洗浄成分「MEE」が浮いた汚れを分解。

 

この構造でしつこい皮脂汚れを徹底除去します。

 

その洗浄力を証明する動画を公開しているのでちょっとご紹介。

ライブ跡の皮脂汚れ

機械油汚れ

ご覧の通り。なかなかの洗浄力でしょ?

 

Yシャツの襟元などについた皮脂汚れが気になる方は、一度その洗浄力を味わってみてはいかがでしょうか?

魔女っ粉

公式HP:http://www.mitsubachi-road.co.jp/

商品名

魔女っ粉

代金

(初回)1,780円

(2回)2,780円

用途

洗剤補助剤

魔女っ粉は加齢臭に特化して作られた洗濯補助剤。ノネナール除去剤といってもいいかもしれません。

 

柿渋エキスをはじめとした「加齢臭」対策成分がふんだんに配合されています。

 

つけおき洗いも必要なく、水に溶けやすい性質なので使いやすい。
そして柔軟剤や漂白剤、もちろん洗剤と一緒に洗うこともできます。

 

少し値が張りますが、加齢臭が気になる衣類や寝具にだけ使えば3か月はゆうに持ちますのでコストパフォーマンスは高いと思います。

抗酸化作用の高いものを積極的に食生活に取り入れ加齢臭対策を講じる

ノネナールはヘキサデセン酸が酸化することにより発生します。

 

ですからノネナール対策の鍵を握るのはこの「酸化予防」にあります。

 

この酸化を抑えることができれば、ノネナールの発生を減少させることができるというわけです。

 

「ノネナール対策に効果的があるとされる成分・・・」でも、少し触れましたがアスタキサンチンやポリフェノールのように抗酸化作用を持つ成分があります。

 

アスタキサンチン、ポリフェノールは「アスタブライト(サプリ)」で摂取し、抗酸化作用を含んだ食品を日常生活に取り入れれば、加齢臭抑制はもちろん、老化防止にもとても有効です。

 

それではどんなものに抗酸化作用があるか挙げてみましょう。

加齢臭対策に効果的な抗酸化作用の高い食品BEST3

バナナ

お茶

にんじん

バナナ 画像>

お茶 画像

にんじん 画像

含まれる抗酸化作用成分

含まれる抗酸化作用成分

含まれる抗酸化作用成分

ポリフェノール

カテキン

βカロチン

ピーマン

ニンニク

野菜

ピーマン 画像

にんにく 画像

ナス 画像

含まれる抗酸化作用成分

含まれる抗酸化作用成分

含まれる抗酸化作用成分

ビタミンC

アリシン

アントシアニン

 

加齢臭対策で重要なことは「加齢臭を自覚する」ということ。自分が加齢臭ではないと意固地になっていては早めに対策を講じることができません。気づけば「あのひと臭くない?」と第三者からつらい形で知らされる形になってしまいます。ですから加齢臭対策は「自分は加齢臭ではないかかな」と疑うとこから始めましょう。ですが自分の臭いというのは、なかなか自覚しにくいもの。ではどうすれば加齢臭に気づくことができるか?一番いいのは家族に思い切って聞いてみること。毎日洗濯をしてくれる奥さんが臭いといったらやっぱり加齢臭を気にするべきです。一人暮らしの人は、自分の枕を一日置いてにおいをかいで臭ければ加齢臭の対策をはじめてみるのもいいでしょう。すぐに臭っても臭さはなかなかわかりませんから一日置くのがポイントです。といっても一番は35歳を過ぎたら対策をはじめることですね。対策するのはやっぱり早いほうがいいです。35歳ごろから、多かれ少なかれ加齢臭は発生しますから対策するにこしたことはありません。当サイトで紹介して居る通りノエナールのほかにペラルゴン酸でミドル加齢臭を発することがありますから35歳ごろから対策していた方がいいのです。もちろん40歳以上からノネナールを発し加齢臭を醸し出しますからやはり対策をしなければです。対策の方法は種類がありますからやっぱり適切な方法で行わなければなりません。ですから当サイトで紹介している対策方法を参考にしてみていただければ幸いです。

更新履歴